『Google XML Sitemaps』でXMLサイトマップを作成しよう!

sitemap

 こんにちは、nozomiです。

 ブログを作ったら、できるだけたくさんの人に訪問して欲しいですよね。

そのためにも、書いた記事が少しでも早く検索結果に表示されるようにしたいところです。

 インターネットには、WEBサイトを巡回しているロボットのようなものがあって、これをクローラーというのですが、このクローラーがあなたの書いた記事を認識してくれると、検索結果に表示されるようになります。

 今回ご紹介するプラグイン『Google XML Sitemaps』は、クローラーのためのXMLサイトマップ(ブログの地図)を作成してくれるプラグインです。

『Google XML Sitemaps』でXMLサイトマップを作成し、『Google Search Console(グーグルサーチコンソール)』と組み合わせて使うと、クローラーに認識されやすくなり、結果としてSEO的にも有利になります。

※『Google Sesrch Console』については、次の記事で解説しますね。

 

 それでは、導入必須のプラグイン『Google XML Sitemaps』のインストールの手順をわかりやすく解説していきますので、一緒にインストールしてみましょう。

 

『Google XML Sitemaps』のインストール手順

 

①WordPressのダッシュボードにログインしておきます。

左側のメニューの「プラグイン」をクリックします。

プラグイン

②【プラグイン】の画面が表示されますので、「新規追加」をクリックします。

プラグイン

③【プラグインを追加】という画面に切り替わったら、右上の「プラグインの検索」の欄に「Google XML Sitemaps」と入力します。

プラグイン

④検索結果が表示されますので、【Google XML Sitemaps】の「今すぐインストール」をクリックします。

Google XML Sitemaps

⑤【今すぐインストール】のボタンが「有効化」に変わったら、「有効化」をクリックします。

Google XML Sitemaps
以上でインストールは完了です♪

 

 『Google XML Sitemaps』は、設定は特に必要ありませんので、「有効化」をすれば設定完了です!

プラグインをインストールしておけば、XMLサイトマップは自動で作成されます♪

 

まとめ

 XMLサイトマップが作成できましたね。

この後、『Google Search Console』にあなたのブログを登録して、サイトマップの送信をすると、クローラーにあなたのブログへの巡回を促すことができます^^

 

 今回作成したXMLサイトマップは、クローラーのためのサイトマップですので、ブログに表示されている一般的なサイトマップ(目次)とは別のものです。

ややこしいですが混同しないようにしてくださいね~。このサイトマップの作成も別の記事でご紹介していきますので、もう少しお待ちくださいね。

 

次は、今回作成したXMLサイトマップを『Google Search Console』で送信してみましょう。

⇒『Google Search Console』に登録して、XMLサイトマップを送信しよう!